初音ミクと定言命法

この前、Mikunopolis の感想を書きましたが、良かった点をもうひとつ追加します。

ミク・ファンは MMD を通じて彼女がスポーツ万能であることを知っています。野球はイチロークラス、スキーはプロ並み、拳法もできれば空爆にも耐性がある。当然ですよね。マンガなんだから。猫のトムが何発大砲を喰らっても、崖から落ちても死なないのと同じ事です。

しかしコンサートでミクが激しい振り付けの曲を二曲も三曲も連続して歌うのを見て、はたしてファンは喜ぶでしょうか。ミクに体力的限界がないとしても、だからといって彼女が「酷使」されるのを見て平気でいられるでしょうか。

実は Mikunopolis の感想を書いた後、あるファンの方から、セガのコンサート担当者が発信したツイートのことを教えていただきました。(こちらです。)

その中に「WEDHの最後、ミクさんちょっと疲れてきますw」というコメントがありました。WEDH というのは「ワールズエンド・ダンスホール」という曲のことです。で、もうちょっと下に出ているコメントを見ると、「『WEDHの最後、ミクさんちょっと疲れてきます』って、疲れたような演技になってるってことですか?」という誰かの質問に対して「ここだけの話ですが、激しすぎて骨の人がリアルで疲れてきてますw」と担当者が答えています。骨の人というのは映像を作るために特殊なスーツを着て踊る人のことでしょう。

WEDH は振付がとても激しい曲です。わたしもボールルームダンスのアマチュア選手権に出ていたからわかりますが、一曲を踊り切るというのは生半可なことじゃありません。あの振付では骨の人がお疲れになるのは当然だと思います。もちろん何度も言うようにミクはマンガだから、いくら踊ったって疲れを知らない。しかしわたしはミクをそんなふうにめちゃくちゃに踊らせることに抵抗を感じますね。どうもわたしはミクを単なるキャラクターというより、人格を持つなにものかとして捉えているらしい。いや、わたしだけじゃないと思う。ファンはみんなそう感じているんじゃないかな。ちょっと極端な言い方をするけれど、ミクの人格にはカントの定言命法「汝自身の人格にある人間性、およびあらゆる他者の人格にある人間性を、つねに同時に目的として使用し、けっして単に手段として使用しないように行為せよ。」(石川文康氏の「カント入門」ちくま書房から)が適用されるべきではないか。つまり単に観客を喜ばす手段として用いてはならないのではないか。

ミクの扱い方という点で Mikunopolis はよく出来ていたと思います。WEDH の前はリン、ラン、ルカがうたっていたから、ミクはその間に十分休息が取れただろうし、WEDH の後はたしか From Y to Y というゆるやかな振り付けの曲がきたはずです。こういう注意深さ、「気遣い」が非常に好かったと思います。

Post a comment

Only the blog author may view the comment.

Comment is pending approval.

Comment is pending administrator's approval.
Profile

tkaoru

Author:tkaoru
Welcome to FC2!

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.