電王戦とデジタルの脅威

つい最近、将棋のコンピュータ・ソフトがプロ棋士と対戦し、圧倒的な力を見せつけたことはまだ覚えていらっしゃるでしょう。そう、電王戦のことです。昨年のコンピュータ将棋選手権で一位から五位までを獲得したソフトが、現役のプロ棋士を相手に戦い、三勝をあげました。とくに大将戦となったGPSとA級棋士との対戦は、一見してコンピュータが人間を圧倒したように見えるので、われわれに強い印象を与えました。

ぼくが興味を抱いたのは、強いコンピュータに対して反感のようなものが見られたことです。今まで将棋の権威はプロ棋士の集団、日本将棋連盟であったわけですが、その権威がコンピュータに移ってしまった。そのことに対する反感がいろいろな形で噴出しました。

しかしこのことは将棋だけには限らない。デジタル革命というのは、総じて既得権益を転覆させるものなのです。

このブログのタイトル「電子書籍、ヴォーカロイド、そしてコンピュータ将棋」は、そうしたデジタル革命の担い手たちを集めたものです。

ヴォーカロイドに対する反感も、生身の歌手がデジタル信号に取って代わることへの反感です。最近は少なくとも日本においてはヴォーカロイドは市民権を得てきたけれど、外国ではいまだに根強い反感があります。誰だったか忘れたけれど、ヴォーカロイドのコンサートになんで一万人も(?)ファンがつめかけるんだよ、と日本の歌手もぼやいていたらしいですね。ヴォーカロイドの出現により、歌手だけでなく、歌詞や曲の作り手も変化しました。既存の流行歌の作り方が大きく変わり、もちろんビジネスの様相も一変したわけです。

電子書籍の革命性は、日本人にはまだよく分からないでしょうね。この分野の変化は異様に遅れている、おそらく世界の先端から十年くらい遅れているから。しかし電子書籍も既存のビジネスの担い手を新たな担い手に移行させます。なるほどいままでは出版社が本の出す出さないと決めていたかも知れない。そして「文化の質を維持してきた」などと幻想にひたることができたかも知れない。しかしこれからは出版社以外の組織なり個人がそれを決め、しかも出版社以上に魅力的な本を出すかも知れないのです。

たとえば翻訳の分野で、既存の出版社から出ていない作家を個人が掘り起こし、それが人気を博するということがありうる。そうした場合、出版社はいったい何をしているんだ、と言われることになるでしょう。それがデジタルの脅威なのです。そしてアメリカやカナダ、ドイツでは、従来の出版社の権威は実際に相当低下しているのです。

コンピュータ・ソフトがプロ棋士を負かすという事件は、われわれの生活を変革しつつあるデジタル文化の余波に過ぎないのですが、今のマスコミはどうも巨視的な視点でものごとを報道することが苦手なようだ。将棋という世界に局限されたニュースとして取り上げる傾きがあったから。

いや、案外マスコミはデジタル文化の襲来という趨勢を理解していて、わざとそれを書かないでいるのかも知れません。なにしろ新聞・テレビはインターネットによってその権威と利権をずいぶん削り取られたし、これからさらに削り取られていくのですから。
Profile

tkaoru

Author:tkaoru
Welcome to FC2!

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.