Eerie by Blake & Jordan Clouch

Clouch 兄弟の新作 Eerie の書評を頼まれたので、約束を果しておこう。

EERIE.jpg


1980年の秋、七歳の Grant Moreton と五歳の妹 Paige は父親の運転する車に乗っている最中、事故に遭ったが、奇跡的に命を取り留めた。

それから三十年後、Grant はシアトルの刑事になり、妹とは長いこと音信不通の状態だった。しかしある事件をきっかけに、妹が高級娼婦をしていて、その顧客が次々と行方不明になっていることを知る。

Grant はある晩、妹の家を訪ね、憔悴しきった彼女の姿に驚く。彼女の話によると、その家には幽霊のような何かがいて、それが彼女に取り憑き、彼女を憔悴させているのだという。「それ」は彼女のベッドの下に住みついていて、彼女が家を離れようとすると、とてつもない肉体的苦痛を与えるのだ、ともいう。Grant はもしかすると妹は薬物中毒で幻覚を見ているのかも知れないと考える。そして友人の医者を呼び、彼女を病院に連れて行こうとする。

ところが彼女に幽霊などいないことを証明しようとして、彼女の寝室に入って行った友人の医者は、うつろな目で Grant を見つめながら「おまえは何もわかっていない」と言い、鏡の破片で自分の喉をかききって自殺してしまうのだ。

いったい友人の医者に何が起きたのか。そして Paige の家には何が居るのか。呪われた家に閉ざされた二人の兄妹はどうなるのか。家の中という閉ざされた空間で展開されるホラーは「意外なくらい」面白かった。

「意外なくらい」というのは、作者の一人、Jordan Crouch はこの作品がデビュー作になるからである。兄の Blake はもう何冊も小説を発表しているから、おそらく弟の文章には彼の朱筆が加えられたのだろう。それでもこれだけ面白く書けているのだからたいしたのものだ。文章にスタイルといえるようなものがなく、どうやらスタイルに対する感覚もいまだ鈍感であるらしいことは残念だ。しかし一応達意の文章になっていることは評価したいと思う。

読みながら、その文体に不満を感じはしたものの、しかしこの小説は、英語を学習する人間にはうってつけの reading material だなと思った。英語は平明で、現代的な言い回しがどっさり使われているからである。ペーパーバックを読みあさっている中学生や高校生にはお勧めの一冊だ。

本日アマゾンがから発売である。
Profile

tkaoru

Author:tkaoru
Welcome to FC2!

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.