訃報に接し――出国直前最後のエントリー

信じられない。

マイケル・S・ハートが亡くなったなんて。

グレゴリー・ニュービー博士の弔辞を読みながら、何度もそう思った。

冗談じゃないのか?

しかしニュービー博士は冗談を言う人じゃない……

死因は今のところ分かっていません。

ハート氏は1947年生まれ。世界ではじめて電子書籍を作り、そのコレクションを Project Gutenberg として発展させました。今年は最初の電子書籍が作られてからちょうど四十年目ということで、世界中のみんながお祝いをしました。よりによってそんな時になぜ……

わたしがハート氏とメールを交換したのはほんの二ヶ月前。彼らしいざっくばらんな調子の、それでいて相手を思いやる温かいメールでした。

ニュービー博士の弔辞にもありますが、ハート氏はあらゆる人が、とりわけ子供が、「知」に接することができるよう、電子書籍図書館を作ろうとしました。そして「知」を守るため、つまりパブリック・ドメインを守るため、果敢に戦ってきた人です。彼にはいろいろな圧力がかかったけれど、それを断固はねのけ、共有財産、共有の権利を守ろうとした。彼は単なる電子書籍の「発明者」ではありません。公共の利益のために、先頭に立って戦った、尊敬すべきリーダーでもありました。

ハート氏は日本語の作品とその翻訳を、もっと Project Gutenberg に含めたいと常々考えていました。だからわたしが日本語の入力をします、と連絡したときは、とても喜んでいました。

子供を放射能から守るためにしばらく米国に行きますが、落ち着いたらまた仲間に呼びかけて入力を続行しようと思います。それがハート氏のためにわたしができるなによりの供養ではないだろうか。

心からハート氏のご冥福を祈ります。
Profile

tkaoru

Author:tkaoru
Welcome to FC2!

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.