電王戦とデジタルの脅威

つい最近、将棋のコンピュータ・ソフトがプロ棋士と対戦し、圧倒的な力を見せつけたことはまだ覚えていらっしゃるでしょう。そう、電王戦のことです。昨年のコンピュータ将棋選手権で一位から五位までを獲得したソフトが、現役のプロ棋士を相手に戦い、三勝をあげました。とくに大将戦となったGPSとA級棋士との対戦は、一見してコンピュータが人間を圧倒したように見えるので、われわれに強い印象を与えました。

ぼくが興味を抱いたのは、強いコンピュータに対して反感のようなものが見られたことです。今まで将棋の権威はプロ棋士の集団、日本将棋連盟であったわけですが、その権威がコンピュータに移ってしまった。そのことに対する反感がいろいろな形で噴出しました。

しかしこのことは将棋だけには限らない。デジタル革命というのは、総じて既得権益を転覆させるものなのです。

このブログのタイトル「電子書籍、ヴォーカロイド、そしてコンピュータ将棋」は、そうしたデジタル革命の担い手たちを集めたものです。

ヴォーカロイドに対する反感も、生身の歌手がデジタル信号に取って代わることへの反感です。最近は少なくとも日本においてはヴォーカロイドは市民権を得てきたけれど、外国ではいまだに根強い反感があります。誰だったか忘れたけれど、ヴォーカロイドのコンサートになんで一万人も(?)ファンがつめかけるんだよ、と日本の歌手もぼやいていたらしいですね。ヴォーカロイドの出現により、歌手だけでなく、歌詞や曲の作り手も変化しました。既存の流行歌の作り方が大きく変わり、もちろんビジネスの様相も一変したわけです。

電子書籍の革命性は、日本人にはまだよく分からないでしょうね。この分野の変化は異様に遅れている、おそらく世界の先端から十年くらい遅れているから。しかし電子書籍も既存のビジネスの担い手を新たな担い手に移行させます。なるほどいままでは出版社が本の出す出さないと決めていたかも知れない。そして「文化の質を維持してきた」などと幻想にひたることができたかも知れない。しかしこれからは出版社以外の組織なり個人がそれを決め、しかも出版社以上に魅力的な本を出すかも知れないのです。

たとえば翻訳の分野で、既存の出版社から出ていない作家を個人が掘り起こし、それが人気を博するということがありうる。そうした場合、出版社はいったい何をしているんだ、と言われることになるでしょう。それがデジタルの脅威なのです。そしてアメリカやカナダ、ドイツでは、従来の出版社の権威は実際に相当低下しているのです。

コンピュータ・ソフトがプロ棋士を負かすという事件は、われわれの生活を変革しつつあるデジタル文化の余波に過ぎないのですが、今のマスコミはどうも巨視的な視点でものごとを報道することが苦手なようだ。将棋という世界に局限されたニュースとして取り上げる傾きがあったから。

いや、案外マスコミはデジタル文化の襲来という趨勢を理解していて、わざとそれを書かないでいるのかも知れません。なにしろ新聞・テレビはインターネットによってその権威と利権をずいぶん削り取られたし、これからさらに削り取られていくのですから。

あすは我が身か

誰が政権を握るかで、ものごとはころころと変わるものです。

昨年ブラジルはフェアユースを遮るような DRM の使用を禁じ、政府のウェッブサイトにはクリエイティブ・コモンズのライセンスがつけられました。ファイル交換を合法化する法案を出す動きもあったのです。

ところが新しい政権が発足すると、それがどんどん後退していきました。文科省の大臣はクリエイティブ・コモンズのライセンスをウェッブサイトから消しましたし、政府はファイル交換や CD を私用にリッピングすることも違法化しようとしています。(こちらの記事です。)ブラジルの政治についてはほとんど知識がないのですが、文科省の大臣は著作権保護団体と密接なつながりあるそうです。

TeleRead.com のChris Meadows 氏によると CD のリッピングはイギリスなどの国をのぞいて広くフェアユースとして認められているのだそうです。業界が CD のリッピングの違法性を裁判で争わないのは、それが合法であると、法律的に明示化されることを恐れているからだとか。(こちらの記事です。)だとすればブラジルの新しい著作権法は世界的なスタンダードから見て大いに問題が出てきそうです。

今、民主党の代表選が行われていますが、誰が首相になるかで日本の著作権法も大きく変わる可能性があります。とりわけ前原、野田などという連中はアメリカべったりですから、闇雲に TPP に飛び込んでいくでしょう。そして TPP ではアメリカは著作権の保護期間を自国と同じ七十年か、それ以上に延長することを要求しているのです。残念ながら知財は国民の関心事ではないようだし、政治家にとっても票につながらない話題です。TPP に一旦飛び込んだら日本はアメリカのために働いている日本の官僚の言うままになるでしょう。

美濃崩し二題

floodgate から美濃囲いの攻略法を二つほど。

まずは、相変わらず変な序盤戦術を展開しているが中終盤はめちゃくちゃ強い ath_x2_5000_c2 と gps_1 の一戦から。今、後手が5二銀と打ったところ。

201108181.jpg

これは一目で次の一手が分かりますが、その後のよどみない手順はさすがですね。

▲6二銀
△4一歩
▲7一銀打
△同金
▲同銀
△同王
▲5二龍
△6一銀
▲4一飛成
△6二銀打
▲5一銀(途中図)

201108184.jpg

△5二銀
▲6二銀
△同王
▲7一銀

今度は激指(後手)の美濃崩し。こちらも鮮やかです。図は後手の手番です。

201108182.jpg

△4七歩
▲同金
△3五桂
▲3七金
△4八歩
▲3九金
△5七角

201108183.jpg

誰かが「雷落とし」と言っていたけど、その形になりました。このあとも戦いは続くのですが、激指が圧勝しています。

kufang というソフト

最近、コンピュータの指し手が地味になりましたね。昔は強引な手や華々しく大駒を切る手がよく見られたけれど、今のコンピュータ将棋はどのソフトも地味な手を指してきます。去年「あから」が清水女流と指したときは、「あから」の強情な手や、強手が話題になりました。しかし今年アマチュア二人(古作・篠田組)を相手に「あから」が戦った将棋では、特に派手な手は出ませんでした。でも強い。

もうひとつ最近の特徴としては、強いソフトが floodgate にポコポコあらわれること。kufang なんてソフトもそのひとつ。たぶん初めて見るソフトだけれど、かなり強いです。対 gps500 戦では豪腕を見せてくれます。

201108041.jpg

上の局面で後手の gps は次の一手として8二角成を予想しています。しかし kufang はここから一気に決めに出ます。

▲2四角
△4二金引
▲3一銀

201108042.jpg

▲2四角に△同歩は▲2三歩と打たれてしまいます。だから後手は△4二金引としたのでしょうが、▲3一銀で決まってしまいました。後手が△同金と取ると、先手▲1三角成で詰みます。

Bona_Core_i7 との一戦でも kufang はうまい手を見せてくれました。

201108043.jpg

上の図でわたしは▲6二銀を考えましたが、△3四馬▲5一銀成△同金▲7一飛△6一桂でなかなか簡単には決まりません。どうするのかなあと思ったら、kufang の指し手は▲6一銀。

201108044.jpg

ははあ、なるほどねえ。これがいい手ですか。以下先手は飛車を取り、後手の攻めをかわして勝っています。

それにしても kufang てどういう意味なんでしょう。

子供たちと電子書籍(2)

ひとつ前のエントリーで韓国の教育事情を紹介しましたが、アメリカの子供たちの間にもデジタル文化の波が押し寄せてきています。つまり子供向けの電子書籍市場が加熱しはじめてきている。

もともと電子書籍と子供向けの本は相性がいい。タブレットならきれいな絵が入れられるし、タッチパネルでおもしろい仕掛けをいろいろつくることができます。音声だって利用できますしね。

今では iPad やキンドルが(やや富裕層と思われる)家庭には三四台あり、子供たちがひとり一機を持つような時代になりました。彼らは面白そうな本をキンドルストアで選び、1.99ドルという安い本をダウンロードします。もちろん両親があらかじめキャッシュカードの登録をしています。

英語ではよく back to school といいますが、休みが終わって学校が始まる時期になると、小売店ではキンドルとかヌックなどの読書用端末(e-reader)を必ず棚に備えて置かなければなりません。ベスト・バイからターゲットまで、若いデジタル・ネイティブたちへの e-reader 売り込み合戦は熾烈をきわめています。しかし Forrester Research によると今年はまだ一部の消費者を相手に市場の感触を確かめているだけで、来年こそ、この市場は一気にふくれあがるとのことです。(こちらの記事です。)

Forrester Research によると今年売れる e-reader は昨年よりも50%増えると見ています。(おそらくこの予想は正しいでしょう。E-ink Holding も今年の出荷は昨年の50%増しと見ていますから。詳しくはこちらの記事を見てください。)そして顧客としての子供たちの数も着実に増えています。ハーパーコリンズによるとヤングアダルト関係の売上は昨年より125%という急激な伸びを示している。

電子書籍の「子供市場」が伸びてきた要因として以下のことが考えられます。

① e-reader の普及。
 プレゼントして子供たちに e-reader がよく贈られています。

② e-reader の価格の下落。
 店によってはキンドル3Gが133.99ドル。エントリー・レベルなら114.99ドルです。一万円を切れば買いやすいですよね。

③ e-book の安さ。
 電子書籍を楽しむには e-reader を買うという初期投資が必要ですが、ebook が紙の本より安いので、すぐ元手がとれる。

④ 本の購入が簡単。
 とくに共働きの家庭にとっては便利です。やり方さえ覚えれば子供だって本が買えるし。

さらに上記の記事は、「子供市場」が拡大を続けるための条件についても言及しています。つまり「子供たちの間に e-reader が普及するかどうかは、両親がどれだけテクノロジーに詳しいか、そして最新のガジェットを子供たちに買い与えることができるかどうかにかかっている。」大事なポイントですよね。

紙の本とデジタルの本の長所・短所についてはいろいろ意見がありますが、いずれにしろこれからデジタルの本が強力な教育ツールとして普及することは間違いありません。
Profile

tkaoru

Author:tkaoru
Welcome to FC2!

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.